投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

プロジェクト内でuserContentを参照する。

${JENKINS_HOME}/userContent/ でアクセスできます。 Androidをantビルドする際に設定が必要な proguard.cfg や local.properties をプロジェクト毎にコピーしてくるのに便利。

jenkinsをmac serverで動かす。

イメージ
Mac上にてjenkinsの構築を行っています。

http://store.apple.com/jp/browse/home/shop_mac/family/mac_mini/select

Lion Server搭載Mac mini2.0GHzクアッドコアIntel Core i74GB メモリ500GB 7,200rpm ハードドライブ×2Intel HD Graphics 3000OS X Lion ServerOS X Lion
予め[jenkins]というユーザを作成しておき、以後、jenkinsで作業を行います。

1.背景 mac上で行う最大のはxcodeを用いてiPhone用のCIを行うためです。 せっかくなので、それ以外のAndroidやWeb用のCI環境も構築しよう。といった感じです。
2.インストール方法 jenkins.warを適当なディレクトリに格納して、ターミナルから起動する方法もありますが インストーラを用いると
/Library/LaunchDaemons/
にplistファイルが格納されて、起動時の実行などを行ってくれる。 (それに合わせて、修正しないと起きる不具合もたくさんあるのだけれども。)



http://jenkins-ci.org/


Mac OS X


からダウンロード&インストール。





3.ターミナルから概要を確認

open /Library/Documentation/Jenkins/command-line-preferences.html


4./Library/LaunchDaemons/org.jenkins-ci.plistを書き換える。

userがデーモンだとgitのssh鍵確認の際、書き換え不可の場所を見に行くので。 usernameはjenkinsに変更。

5./Library/Application Support/Jenkins/jenkins-runner.shも書き換える


javaArgs="-Dfile.encoding=UTF-8"
がポイント。gitのコミットログが文字化けしないための対策です。