投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

LWFのSetEventHandler,SetMovieEventHandler

http://muzigram.muzigen.net/2012/11/hello-lwf.html?q=lwfの続きです。 LWFが動いたら次に試したくなったのが
動き終わったらコールバックenterFrameをUnityで(使うかな?) みたいな挙動。
とりあえずこちらもHello World的に「とりあえず動いた!」ところまでやってみました。
■ やってみた using UnityEngine; [ExecuteInEditMode] public class LWFSampleObject : LWFObject { public int count=0; void Start() { string dir = System.IO.Path.GetDirectoryName(lwfName); if (dir.Length > 0) dir += "/"; if (Application.isEditor) UseDrawMeshRenderer(); //sample swf SetEventHandler("NoticePressEvent",(movie,button)=>{print("test");}); //get fscommand("event",done); SetEventHandler("done",(movie,button)=>{print("test");}); //add eny event handler SetMovieEventHandler("_root", (movie)=>{print("load");}, (movie)=>{print("postload");}, (movie)=>{print("unload");}, (movie)=>{count++;print("onEnterF…

Hello LWF

イメージ
LWFが捗る。ということでやってみた。
■LWFとは?https://github.com/gree/lwf をご参考。
flash資産をUnityとかHTML5に変換、出力するためのグレートな仕組みだそうです。
どんなものか知りたい方はデモプロジェクトを動かしてみるのが 手っ取り早いと思います。
■参考にしました!http://gree.github.com/lwf-demo/
http://terasur.blog.fc2.com/blog-entry-305.htmlSample Codehttp://muzigram.muzigen.net/2012/11/hello-lwf.html
■フォーマットのルールhttp://gree.github.com/lwf-demo/pdf/FLASHforLWFproductionguideline.pdf
を参考にしましょう。
Flash player 7ActionScript1.0× jpeg ◯png×シェイプマスクもあかん 特にjpegについては注意。
pngを使っていてもflashがJpegや!
と認識することがあるそうです。よくある罠ですね
(デザイナー談)
デモを参考に手元のswfを変換する デザイナーさんにjackpotっていうswf用意してもらいましたー
こんな感じのディレクトリ構成にしておいて
lwf-demoのここにswfファイル入れてshファイル叩きましょう。
Macならターミナルからばしばしと
Winだとruby入れてpath通して…。って感じでしょうか
…jpegの奴とかミスってるとこんな感じのエラーが! ../../lwf/tools/swf2lwf/swf2lwf.rb:1506:in `parse_define_shape': undefined method `width' for nil:NilClass (NoMethodError) from ../../lwf/tools/swf2lwf/swf2lwf.rb:2314:in `send' from ../../lwf/tools/swf2lwf/swf2lwf.rb:2314:in `parse_tags' from ../../lwf/tools/swf2lwf/sw…

Hello Cocos2dx

Hello Cocos2dxhttp://atnd.org/events/32611
にいってきました。
やってきたことまとめ。

http://www.cocos2d-x.org/
2.0.2をインストールしてたのですが、0.0.1違うだけで命令がだいぶ変わっていたので慌てて再インストール。インストールは特に迷う部分はなかったので省略。テンプレートのshを叩けば良し。Androidの場合はndkやsdkのパスを忘れずに変更しよう!

違うバージョンのテンプレートをインストールする際の注意点。
テンプレートの更新等を行う際は  -u -f をつけると滞りなく。強制上書きっすな。

spriteの拡大
アンカーポイントの変更
描画位置
移動
トランジション
シーン変更
等等。
gistを後ほどまとめる予定;




感想
cocos2dxは色々と捗る気はしてるけども、サンプルが少なめで最初の一歩のコストがでかいのが大変!

0.0.1違うだけでがらっと変わる部分があるので、告知がでたらこまめにアップデートしようと思います。が、アップデートすれば動かなくなる箇所もありそうとのことなので、プロジェクト途中ではレビューなどの検討が必要ですねー。

cocos2dxのプロジェクトの中にはmarkdownファイルやdoxygenのconfigファイルなども含まれているので、出力して中身を確認してみるのも最初の一歩になりそうですね。
そして、blogを書くのをサボっている間に2.0.4が出てるんだぜ…