cloudなIDEでGAEのdployまで可能な。DevTable触ってみた。

2013/03/05追記
これって治る予定ありますか?と訪ねてみたところ。

We've added the issue to our priority bug fix list
と返答来ました!期待して待ってます!great!

Google App Engine Blog: Deploying App Engine apps with DevTable
によると、GAEへのデプロイが可能なクラウドIDEがあるとか

■ DevTable http://try.devtable.com/

なんか凄そうなので試してみる。
自分が試してみた感じ

  • カーソルの位置がずれるバグがある…
  • リリースデプロイですこし苦戦
  • とりあえずハローワールド
  • 2バイト文字、表示がずれたり、カーソルがずれたりでかなり残念なことに
  • Chrome(バージョン 25.0.1364.99)だとカーソルの表示ずれ。
  • Safari(バージョン 6.0.2 (7536.26.17))だとうまく動作した。ただし、日本語は「ああいあいうあいうえ」みたいな残念なことに
  • とりあえずHello worldデプロってみた。https://mogepython.appspot.com/

とはいえ、関数のジャンプや入力のサポートが充実していて、動作もそこそこ軽く。
テスト、デプロイまでが比較的カンタンなので何かに使ってみたい!。
git等とも連動しているし、共同開発のチャット等にはだいぶ未来を感じました。

登録終わった後の画面。とりあえず、Google App Engine作ってみよう!

スクリーンショット 13 02 28 11 39 3

Google App Engineとの連携

スクリーンショット 13 02 28 11 46

許可許可!

スクリーンショット 13 02 28 11 47

名前とURLの設定

スクリーンショット 13 02 28 11 49

で、これがIDEのメイン画面。

スクリーンショット 13 02 28 12 18

ビルド待ち

スクリーンショット 13 02 28 11 50

release Deplyの際にGAEの管理画面からversion -> mimic ->1 へ変更

スクリーンショット 13 02 28 12 11

とりあえずハローワールド
https://mogepython.appspot.com/
ChromeBook等からここにアクセスすれば、開発もできちゃうよね!Great!って感じでしょうか。

このブログの人気の投稿

GoとDockerのお勉強 #golang #docker

[Unity]「落ちたら消えるオブジェクト」の作り方

ISUCONにてGoの正規表現で爆死 #ISUCON #golang