投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

Go言語 revelで作るWebアプリケーション hello worldまで

イメージ
PC新調したりしたので。環境構築から
Go言語でWebサーバー立ち上げたりしよう。
サイトhttp://robfig.github.io/revel/getting starthttp://robfig.github.io/revel/tutorial/createapp.html作業のmemohttps://gist.github.com/mogeta/8505371
Loading .... hello world revel run myappでサーバー立ち上げ
http://localhost:9000 にアクセスで確認可能


fig1 . hello worldCreating REST APIs with revel AngularJSとかと組み合わせ用と考えているので、ここらへんを抑えておく。
https://groups.google.com/forum/#!topic/revel-framework/IwkltTuzECM

AngularJSを使うならgenerator-angularがかなりbest way なのでは。というお話「概要編」

イメージ
結論 特にこだわりや制約がない場合はgenerator-angularを使用すると開発が捗る
muzi:blog mogetta$ node -v
v0.10.21
概要https://github.com/yeoman/generator-angular
yeomanのテンプレートなんですが AngularJSを使うのにかなり便利というお話
前提の知識として、yeoman,grunt,bowerなどが必要になりますが
node.jsのインストールさえできればコマンドを叩くだけなので難しくはありません。 使用ライブラリnode.jsyeomanbowergrunt使い方を知っていると捗るpackageなどlivereloadkarmacompassjshint使用することによる利点yo angularを使うことによりページやサービスの新規追加が捗るbowerによるフロントエンドのパッケージマネージメントgruntfileが用意されている。以下のタスクなどがあるローカルにサーバを建てるlivereloadタスクファイルのminifyタスク.jshintrcに基づいたチェックkarmaを利用したtestの実行体制を用意する。yo angular
fig.1 yo generator 例えば、新規のルーティング(/newpage)をAngularJS上で作る場合、 コントローラを用意する newpage.js の作成ビューとなるテンプレート newpage.html の作成ルーティングを決める app.jsに/newpage を記述index.htmlに newpage.js を埋め込むテストを記述するための test/newpage.js もついでに作成 と5つのステップが必要になります。手がかかりますね。
なのでgenerator-angularの新規テンプレート作成の機能を使います。

https://github.com/yeoman/generator-angular#route
yo angular:route newpage

 すると、上記5つのステップをすべて自動で行ってくれます。
controllerのテストファイルも追加してくれるのでテスト追加忘れも防げそうですね。
 同様にserviceやview,directiveもyo angularで追加可能…