投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

hikarie.goに参加してきた話。 #golangjp #hikarie_go

http://connpass.com/event/6579/に参加してきました。

プロジェクトの山場を超え、人間性を取り戻しつつあるので久々に勉強会の方に参加しました。
とりあえず、酔いが回ってますが、勢いのあるうちに支離滅裂な文章を投下。

ちなみにこのhikarie.go、主催者の@7yan00さんは高校生だそうです。
高校生だそうです。
自分が高専生だった時はCとかJavaってたけど、とても勉強会参加とか主催の行動力なかった…
恐ろしい子。
ハッシュタグは #hikarie_go
https://twitter.com/search?f=realtime&q=hikarie_go
目的 初心者、中級者向けの勉強会にしたいとのこと。
自分もGo弱の会を始めたのは初心者、中級者ターゲットの勉強会がなかなか見つからないなーというところから
スタートしているのでいろいろとシンパシーを感じました。

以下、気になったお話とかの感想。 ヒカルのGo 資料 Webアプリケーションの作り方 ヒカルのGo 資料 Webアプリケーションの作り方
http://www.slideshare.net/yosuke.furukawa/golang-hikaru
いつの間にやら、WAFがたくさんあって、どれを選べばよいのやら状態

自分の好きな言語やフレームワークと近いやつから触っていくのがいいのでしょうか。
net/httpがあればなんとかなっちゃうよね。という話はGoconとかでも良く聞きました。
作りたいものの規模感と相談ですね。
個人的には「とりあえず難しいこと考えず、Goでなんかしてみたい。」っていう場合は
revel+nitrous.ioがおすすめだったりします。
オンラインIDEとサーバーがセットになったようなサービスなので 自分のPCにGo環境を整える必要すらない。

あと、revelのサンプルにあるchatのコードがchannelを理解するのにすごく役立った記憶があります。
ループの中でchannelを受信してなにがしするのあたりとか。 複数プラットフォームにGo言語のツールを配布する https://speakerdeck.com/tcnksm/fu-shu-puratutohuomunigoyan-yu-falseturuwopei-bu-suru-number…