投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

angularjsをはじめる。

イメージ
Angularjsをとりあえずはじめる。なぜAngular.jsなのか利点は何か?どういう場面でつかうか などは詳しい解説をしてる方がたくさんいらっしゃるので省略。
ここでは0からAngularjsをはじめるまでを記述することにします。 http://angularjs.org/

素で始めてもいいけど、せっかくだから周辺環境も一緒に整えてしまおう。

node.jsのインストールhttp://nodejs.org/
後のyo bower gruntの為にnodeをインストールします。
そのままインストールもしくは
brew install node 自分はBOXENで入れました。
あとは.bash_profileに記述なり、Windowsの環境変数なりにパスを通してnodeを叩けるようにする。 Yeoman bower grunt のインストールhttp://yeoman.io/http://gruntjs.com/http://bower.io/ npm(nodeのパッケージマネージャ)が叩けるようになっていればコマンドは以下で一発。
npm install -g yo grunt-cli bowergenerator-angulor(テンプレート)のインストール yoが使用するangularjsのテンプレをインストール。下記2つ https://github.com/yeoman/generator-angularhttps://github.com/angular/angular-seed yeoman推奨なのはgenerator-angularの方。scripts/以下に機能毎にディレクトリ切る形。
angular-seedの方にもテストで使えるshell scriptなどがあったりするので気になる人は。 npm install -g generator-angularnpm install -g angular-seed とりあえず、generator-angularをインストールしたことにして下に続く
yo angular 適当なディレクトリで以下のコマンドを実行 yo angular ずかずかとテンプレートをインストールしていきます…。
twitter-bootstrap入れる?
とかコンポーネント入れる?
とか聞いてくるので適当にYES R…

Dartをインストールしなければ何も始まらない!Dart Advent Calendar 2013 #dartlangjp

イメージ
http://www.adventar.org/calendars/85
雑な記事で隙間を埋めていくスタイル
Dartがお好き?では結構。このインストール方法もきっと気に入りますよ。
素直な貴方はhttps://www.dartlang.org/
から素直にダウンロードする方法がひとつ 貴方がもしMacを使っているならhttp://brew.sh/
を使うのが賢い方法の一つでしょう brew install dart で終了です。ただし、DartEditorは入らないので自分で環境構築してね

え、brewでdart editorを入れたいって? わがままな貴方に海外のナイスガイが応えてくれているようです。
http://work.j832.com/2013/11/if-you-do-any-open-source-development.html
brew tap kevmoo/kevmoo brew install dart-editor --with-content-shell brew linkapps

これでインストール完了です!素晴らしいですね。
自分で入れてたdartも残っているのはご愛嬌。

本当はBOXENでインストールもやりたかったけど今日が残り30分なので別の機会に回します!