投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

Android学び直し

自分の思考ログ。

ゲーム開発でのAndroidだと、フレームワークにしたがってビルドしちゃえばいいという感じで、大本のSDKしばらく触ってないなと思ったので学び直し。


Gradleはなんとなく把握してる。Firebaseの機能を一通り試したい。Material designも抑えておきたい。いろいろ変わってるサポートライブラリ周りを把握していく。
AppCompatActivity
https://developer.android.com/reference/android/support/v7/app/AppCompatActivity.html

RecyclerView,CardView,Palette
https://developer.android.com/topic/libraries/support-library/features.html#v7-recyclerview

ライブラリ周り
http://qiita.com/KeithYokoma/items/fb6872a72a75e9b6f2e6http://qiita.com/KeithYokoma/items/b5b53c94f6ab27b604e7
Firebase dependenciesにfirebaseのライブラリを指定する。 https://firebase.google.com/docs/android/setup

https://codelabs.developers.google.com/codelabs/firebase-android/index.html?index=..%2F..%2Findex#0

ざつもく会、ISUCON準備

ISUCONのための準備。 参加メンバー @mogeta ,@ayumu83s @roro0000
タスク!(やったこと チーム名(ナショジオからの謎展開で瞬殺の美学に参加日Azure登録Slackの設定Azureにメンバー招待。
言語はGoを選択。 Azureで過去問動かすぞ。



------ チーム名を「チーム求職中」にしようとしたら@ayumu83sに難色を示された。 私、@mogettaは現在求職中ですので、頼みたいお仕事等ありましたらお問い合わせください。😂

awscliでハマった。KMSでslackのwebhookを保存 #aws

イメージ
awscliの仕様でハマった。ドキュメントには書いてあった…

現象 AWSのKMSを使って、slackのwebhook urlを保存しようとしていた。 --plaintextに"http://"を指定すると動かない。
具体的には以下のようなコマンドを打つとエラーが発生していた
なんでステータスコードが???となっていた。
gist
解決策 https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/cli-using-param.html#cli-using-param-file 

 仕様としてはここに書いてあった

file://fileb://http://https:// が頭に指定されていると、各種パスにあるファイルの内容を取得しようとするらしい。httpにも対応しているのでリモートから取ってこようとしたようだ。 なのでhttp://やhttps://を抜いたテキストを保存する。ようにすると良い。 蛇足 なんでこんなことをしようとしたかというと、lambdaを使って 毎日AWSの課金額通知をしようとしたのだけれどサンプルコードがKMSを使っていた まぁ、たしかにコードに直接webhookurlが書かれているのもな…。 という流れだったんだけど、意外と手間取って半日かかってしまった。


Angular2関連の俺用リンク

http://fountainjs.io/ で利用してるパッケージや自分が利用しようとしてるもののドキュメントや参考になるリンクをまとめておく
Angular2https://angular.io/ Yeoman Fountain generatorshttp://fountainjs.io/ WebpackWebpack https://webpack.github.io/step by stepで始めるwebpack http://qiita.com/howdy39/items/48d85c430f90a21075cd angular2-materialangular2-material https://www.npmjs.com/~angular2-materialnpm https://www.npmjs.com/~angular2-materialSample app https://github.com/jelbourn/material2-appLive sample https://material2-app.firebaseapp.com/ Stylushttp://stylus-lang.com/ gist

Angular2に入門する。

オレオレirkitのFrontを作ろうと思ってAngular2に入門することにした

公式
https://angular.io/

とりあえず、Quickstartやって雰囲気をつかむ

TypeScriptが基本っぽい。Angular1の頃とはだいぶ違うなぁ。というのだけ掴んどく。
環境整備についてはとりあえず、偉い人達のレールに乗っとくのが信条なのでこちらを
選択。
http://fountainjs.io/

理由としては

TypeScriptを選択できる。(他の言語への対応も一通りminifyを含めたリリース出力まで対応してる。npm serve dist(裏でgulpdist/以下を使えば良いってことで手っ取り早い。Sub-generatorsを持ってる(新しくコンポーネントを作る際に、ちまちま、ファイルを追加する必要がなくなる。stylusが選べる(sass,less等、幅広いBrowserSyncで開発もらくらく。 これしたい、あれしたいはいろいろありそうだけど、まずはこれでやってみよう。 Angularは1.3でゲーム作ってた時以来なのでやりがいがありそう(辛…